語り唄:ポエム「裏の夏ミカン」






" 想い " を言葉にして、表現しています。私自身の " 想い " だけではなく、いろんな方の " 想い " を通した活動・表現も、お届けしていければとも思っています。




家の裏の夏ミカン、な~んにもしていないのに、


今年もまた、


新しい実をつけている


語り唄:ポエム「裏の夏ミカン」



上に生っている夏ミカン、


採り切れてないのに




ね、いっぱい

いっぱい


新しい実、夏ミカンが


生っているでしょ




ホントにホントに、毎年

なー-んにも手入れしてない



逆に、枝が伸びすぎて


切っているぐらい



肥料なんて


一回もあげてない





この夏ミカン


親父さんが食べた夏ミカンが


美味しかったから

って言って


そのタネを植えたんだって





亡くなる何年前かに



裏に夏ミカンが生ってる~


俺が植えた夏ミカンだぁ~



って言ってた




ホントなの???って


疑ってた





それからずっとずっと


生っていて


採り切れないほど

実ってくれて




ホントに、タネから植えた

夏ミカンなのかは


分からない




けど、夏ミカンが生るたびに


親父さんとの、この会話を


思い出す





(いつかこのことを、語り唄にしようと思う)













インターネットラジオゆめのたね放送局で、ラジオ番組のパーソナリティをしています。
(毎週金曜13時~東日本第2CH「あなたと私の語り唄」を担当)⇧このリンクを時間になったら、タップして”視聴する”をタップで、聞けます。








” 語り唄 ” とは、私が作った言葉で、朗読+語り+唄をミックスして、パフォーマンス・表現することを言います。

歌うように語り、語りように唄う、ということを掲げています。

ゆ・あへのご連絡は、こちら、です。






#語り唄 #語り唄ゆあ #ゆめのたね放送局パーソナリティ #想いを言葉と歌にして #ゆめのたね放送局 #あなたと私の語り唄 #ラジオで語り唄  #布クリエーターゆさあきこ  #あの日の広島 #想いを1本の糸にして

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック